本日も、ご都合主義日和。

優等生タイプが社会で感じるしんどい気持ちを紛らわすブログです。

30代前半の独身女性の貯蓄と本音

数千万円。総合職で10数年心身削りながら働いて貯めたお金。このお金が私に与えてくれるのは、仮に一時期働けなくなったとしても当分の暮らしが安泰だという安心感、少しくらいは贅沢ができるという心の余裕。贅沢には、自分のこともだけど、親孝行ができるというところも大きい。実際は物理的な距離のせいで大したことはできていないけれど。

 

この貯蓄額が得難いものだということはわかる。20代にそれだけのことはしてきたと思うし本当に想像もしないくらい苦しかった。でも、嬉しいことも楽しいこともたくさんあったから、私は総じて幸せだったのかもしれない。

 

こんな風にいっちょまえに振り返っているけれど、今の私は人としてとてもカッコ悪い気がする。お金があって安定した職があっても心がしあわせではないから。。。

 

自分が何が好きか、何をしていたら幸せなのかわからなくなっている。ふとしたときにこういうことを考えてしまう。。。未だに。

 

もし私に養わないといけない家族がいたらこんなこと考えないけれど、私にはまだ自由がたくさんあるから悩んでしまうんだろう。

同棲が与えてくれるのは暮らしのしあわせ。

 

だけどそれだけでしあわせに思えないことに少し気が滅入ってしまった。いつまでたっても生きることは孤独で、悩みがちな性格からはなかなか逃れられない。

 

向き合わないといけない時が来てるのかな。

 

とりとめない思いをつらつらと書き留めてみる。こんなもの読んでも人を不快にさせるだけなのかもしれないけれど、こんな人間がいるというのは事実でこれが私だから、ありのままを世の中に発信してみたくなった。

何を期待してるのかわからないけれど、何か期待してるのかすらわからないけど、ノートに書き留めるだけでなくブログに書いてみた。

 

同棲所感①

30代になってから始める同棲について、あまりネットには記事がないのでこれから時々赤裸々に書いてみようと思います。女性目線での感じ方なので、女性に共感してもらえたり男性側に読んでもらい相手への理解を深める手がかりになれば幸いです。

 

まず、同棲する事への思い。始める前と後。

 

始める前

この年で結婚や出産をゆくゆくはしたいと思っている場合、結婚前に同棲するというのはよほどの事情がない限りは避けたいと思っていました。理由は、例えマンネリや喧嘩、すれ違いが生じても、結婚していたら乗り越えようとする気持ちが強くなるが、同棲の場合は別れるという選択肢が比較的軽く脳裏にちらついてしまうのではないかと考えたから。私もそうなるかもしれないけど、相手もそうなるかもしれないと思うと、うかうかしてられなくて不安が強まるのでは?と思っていました。また親にも説明しにくいし、とにかく悪いことの方ばかり考えていた気がします。それを彼に説得され話し合い同棲に踏みきったという流れでした。

 

住んでみて3ヶ月。思ったこと

確かに想像していた通り、私のような思考回路の持ち主では、不安になることが何度かありました。でも、同棲にもそれ以上にいいところがありました。

私と彼のことや同棲までの経緯はまたいつか書きたいと思いますが、一緒に住むことで更に仲良くなれたのが一番大きいかなと思います。仲良くなれたというのは、お互い相手への理解が深まり、相手の喜ぶことや嫌がることが分かるようになる、という意味です。

 

まだまだ不安定なふたりなのでこれからどうなるかはわからないなと冷めた気持ちでおりますが、結婚に向けて前向きに考えていてねと言われたので、ふたりの満足度の高い道をこれから少しずつ探っていけたらいいなと思っています。

 

今回はここまで。まだまだ色々あるのでまた。

アロマテラピー検定合格と、会社員としての生き方所感。

社会人になって10何年と経ちますが、受験勉強を久しぶりに頑張りました。

そして、無事に1級合格。

 

合格率も高いし問題も勉強さえしていたら驚くほど簡単な試験問題なのですが、小さな達成感があり、頑張るっていいなと再認識できました。

 

この頑張ったことが報われる経験が社会人になるとなかなか得られなかったりします。

 

努力ではどうしようもない環境要因による売上の変動や上司や役員の意向に振り回される環境では、大きな達成感なんてそうそう得られないし、増して小さな達成感を得続けることすら難しい。

 

これは入った会社が悪いのか、私の頑張り方が悪いのか、とずっと悩んできたけれど、おそらく両方で。悪いのがどちらという考え方よりも、個人で達成感を得る活動をする方が健全なので、やりがいは社外に求めようという結論に達しました。

 

会社では生活費と安心安定をいただき満足し、それに見合う努力をしようと時間内だけがんばる。

 

そして、自己実現は社外で。

 

20代のうちにもこの考え方で社外での活動も大事にしていましたが、会社への期待を完全に捨てないと現実的には体力も時間も足りなくなる。でも仕事頑張りたい、アドレナリン出て楽しい。そんなこんなで会社にかなり振り回される人生でした。

 

30代の半ばに差し掛かったいまやっと、会社は会社と完全に切り替えることで、プライベートを確保するスタンスができました。

 

心豊かな人生を目指して、プライベートを大切にしていきたいものです。

英語上達にはインプットとアウトプットの両輪が必要。

DMM英会話を始めて5ヶ月。

 

自分で言うのもなんだが以前の日本人の英語、ではなく英語らしい英語を話せるようになってきあ。先生からの評価も周囲からの評価も上々。

 

最初の頃は2ヶ月くらい、仕事から帰宅して家で寝る前などにパソコンの前に向かって気合い入れて受けてて、終わったら頭使いすぎてヘトヘトになっていた。けど、最近は隙間時間や歩きながらレッスンを受けても充分に会話が成り立つようになってきた。

 

最初はレベル6だったけど、そろそろ受けたらもう少し上がってるのではないか?そのうち受けてみることにしよう。最終的に10になりたい。

 

そして、インプットが欲しいと思ってamazonEnglishやPOTCASTやら英単語帳やらマテリアルを検討していたがどれもピンと来なかったのでスピーキング力だけに特化してやっていたのだが、、、ついに見つけたインプット教材が、TOEFL

 

今更感はあるが、やはりここは最高峰かつ世界で通用するテストでのスコアを目指しながら勉強することがゴールへの近道ではと思い。

 

教材のバランスや質もよいし。

 

TOEFL100点をゴールにして英語学習をしようかなと最近考え始めている。

 

それとオンライン英会話の相乗効果で2017年は英語をモノにしたと自信を持って言って終えたい。

 

少し強気だが、自分を追い込むことでやるのが一番私にあってる。

 

オンライン英会話は英語脳を形成するためにも続けたいが、TOEFLの勉強で英語スキルを満遍なくあげていくイメージ。

 

がんばる。

「つくおき」始めました

同期がハマっており料理をするようになったというので私も1冊買いました。つくおきの第2弾。料理からどんどん離れて面倒になっていたところだったので、再び料理意欲が湧くようなきっかけが欲しくて。

第1弾のamazon レビューの中に味が濃すぎるなどの批評が多く、多少はクレーマーや嫉妬からの攻撃などがあるのかとは思いつつも気になったので、第2弾に「もっとおいしい」と書いているからもし第1弾に本当に微妙なレシピがあったとしても改善されているかなと思い、第2弾から購入。

 

結果、購入して大正解でした。

 

もっと早く出会っていれば・・・

 

私が気に入ったところは、以下3つ。

 

・バリエーションが多くてアイデアが広がること

・少ない食材で作れるメニューが中心なので食材を無駄にせず使い切れること

・同じように働きながら料理を頑張っている人の工夫の数々に刺激を受けること

 

もっとつくおき もっとかんたん、もっとおいしい (美人時間ブック)

もっとつくおき もっとかんたん、もっとおいしい (美人時間ブック)

 

 

散りばめられたたくさんの豆知識、特に働きながら料理を頑張る人ならではの工夫に共感度も高まり本当に参考になりました。

 

そして当たり前だけれどおいしいレシピが多い!

特にレンチンでできるシュウマイはお気に入り。

 

一方でそのままやって味がイマイチなものや水分が飛ばず薄くなったもの(失敗)もあったので完全には信頼できず・・・でもそこは本のせいにして文句垂れるつもりはなくて、自分で学んでいくことで解決できることだと思うので、前向きに捉えています。

 

ちなみに、ネギを3本使い切る豚肉の和え物が失敗だったので、オリジナルで調味料をいくつか足したり熱を再度加えたりすることでパートナーも大満足の絶品に生まれ変わりました。こんな感じでアレンジすればどんなものでも美味しくなるから、まずはやっぱりこんなの食べたい、これなら作れそうっていうのがたくさん載ってることが1番大事で、それを満たしてくれているなと思った。

 

ということで、第1弾も購入しようかなぁなんて思っている。

 

ちなみに、nozomiさんの旦那サマ、一応ウェブの方では自己紹介されているのだけれど、5時帰りなら料理できるよな〜とか、レシピ開発やディレクションをしているというけれど結局SEのnozomiさんがウェブ制作も料理も実際にやってるので、ディレクションとは贅沢な身分だな〜と、若干ツッコミたくなる紹介文でした。(私の性格がひん曲がっているからなのでしょうか。。汗)でも2人でサイトを作り運営してるのはステキ。私もいつかはそうしたいなと思ってるので、いい刺激を受けました。

 

結局褒めてるかディスってるかどっちなのかよくわからない文章になってしまったが、一応褒めてるつもりです。

今年の目標が定まってきた。目指せプログラミング女子!

毎年1日にちゃんと目標が設定できる人ってすごいなと思う。いざ考え始めると、やれ本当に追うべき目標なのか、その程度なら目標として立てるほどの意味ないんじゃないか、とか、とにかく目標をとりあえず立てて満足して忘れてしまうんじゃないかという自分への疑いがあって、毎年難航する。

 

とりあえず書いてみるが、あくまでまずは暫定として、しばらく寝かせてために見たり、ふと電車の中で手持ち無沙汰になった時に何をすべきか考えてみたり人と話しながら、いつか設定しようなんて思う。

 

12月くらいからこういうことをするのもなんだかせっかちな気がして、やっぱり年明けて時間をかけながら目標を定めていく。

 

そして二月に入って、ついに今年の目標を定めることができた気がするので文章化してみた。

 

1.英語話せます!と自信を持って言える

DMM英会話というオンライン英会話を始めて5ヶ月になろうとしているが、その場で考えたことを人に伝えることができるようになって来たと思う。この調子で頑張りたい。

 

2.プログラミングでアプリを作る

英語だけでなくプログラミングさえも基本スキルとして求められる時代が来ると言われてるが、少しプログラミングについて勉強してみて私も思った。プログラミングを知ってると時代の先読みができる、世の中のトレンドへの理解が深まる、そして自分で好きにモノづくりやサービスづくりができる。無限の可能性。1人でできる気楽さ。お金になるかもしれない期待と夢。そしてやっぱりなんかカッコいい!ということでドットインストールでJavaScriptから勉強し始めます。

 

3.自宅でホットヨガ!健康美追求習慣化

最近美しさへの意識の低下が。。。そしてついにホットヨガを辞めることに。これからは自宅でホットヨガもどきをして骨盤調整します。ストレッチします。インナーマッスル鍛えます。代謝あげます。自律神経整えます。詳しい方法は後日。

 

1と3は2016年の延長線上にあるので継続あるのみ。2は新規チャレンジ。

 

他にも細かい目標はある。

 

・仕事で実績を作る

・断捨離の習慣化で暮らしを良くしていく

・こまめに作り置きをして自炊率アップ

・ウォーキングやジムなども取り入れる

・家族を引き続き大事にする

・タスクのシンプル化、省エネ、見極め

・パートナーと楽しく過ごす

・旅行にたくさんいく

・節約、投資、本業副業でのお金稼ぎ

 

この方向で2017年、健康で心豊かに生きたい。生きる。

私は日々の家事のひとつとして断捨離をしている。ついでに1ヶ月で4万円ゲットの小話。

要らないものは捨てるか売るか人にあげるか。ケチになりすぎて毎回のように迷って、断捨離に時間がかかる、考えすぎて疲れる。いやになる。そんな時期があったが、自分にとっての断捨離が確立してきた気がする。

 

迷うこと自体が面倒で、「もういいやこのままで!」って思ってしまう人と本当に捨てたければ全部捨てる!という男気のある人をよく周りに見かける。働く女性は潔い人が多いのか。。

 

でも私は働いて自分でお金を稼いでるけどなかなか捨てられない。売れるものなら売ってお小遣い稼ぎをしたい。

 

今はメルカリやフリルやアマゾンマーケットプレイスで簡単に出品して要らないものをお金に変える方法が増えた。

 

以前ならヤフオクしかなくて、ヤフオクは金銭のやりとりや発送費の請求などを個別のやりとりで決めていかねばならなくて素人が簡単に手を出すと痛い目にあう。

 

でも最近のフリマアプリやAmazonマーケットプレイスは発送もらくちん、手続きもらくちん。慣れさえすれば手軽に隙間時間を利用してスマホでささっとお金が稼げてしまうから、捨てる前にまずいくらくらいで売れて、送料手数料ひいていくらくらい利益が出るかをざっと頭の中で計算して、1つあたりで千円近く利益が出そうならばチリツモと思いながら出品。いくら簡単とは言え、出品のための写真撮り、サイズ計測、質問対応、梱包材手配、梱包、最適なサービスを選び発送と、すべきことは多い。だから一品あたり利益が300円しか出ないなら迷わず捨てることにしている。もちろんその基準は人によって違っていいと思う。

 

封筒やクリックポストのプリンタ、包装紙やプチプチなど最低限の発送のための備品を家に揃えておけば、こまめに家の中を見回して不要なものを見つけて出品する。時々意欲が湧いたらまとめて出品する。

 

そんな風にちょこちょこやってたら、この間も記事に書いたが1年半で15万円近く利益が出た。今年に入ってからも、既に4万円の利益。

 

それが嬉しいけど、そのお金が助かるというよりも、このプロセスがたのしいなと思っている。いわばフリマアプリやAmazon出品を習慣のように、家事の一環のように捉えている。 

 

仕事のようにお金を稼ぐという感覚ではなくて、失敗した買い物を反省する、身の回りや生活の見直しをする、お部屋を綺麗にする、不要な手持ちのものを必要としてる人に譲る、そんな家事。そしてちゃんと対価をもらえる。

 

生活のために稼ぐビジネスともまた違う感覚。断捨離がそんな、家事の一環として楽しめてるから続くのかなと思う。

 

時々勇気を出して、そしてこまめに、ものを減らしてくうちにどんどんお部屋が快適になっていく。

 

すっかり断捨離が自分の習慣として定着した感じがして前より豊かに暮らしているなと思う。

 

そんな断捨離の捉え方もあるんだなと参考にしてもらえたら幸いです。