本日も、ご都合主義日和。

優等生タイプが社会で感じるしんどい気持ちを紛らわすブログです。

2016年、私はphaさんファンになりました。2017年は、私は女性版phaさんになりたいです。

今年の後半は、本当にphaさんから多大な良い影響を受けております。

 

教えてくれたのは同じく京大出身の彼氏。

私はphaさんの学部の後輩であり、まずそこで一気に親近感。

しかも私は熊野寮のすぐそばに下宿していました。

 

どんな学生時代を過ごしてきたかがなんとなくわかる気がします。

あのあたり一帯に漂う独特の空気・時間の流れ・人の温もり。

 

私も彼氏もそれが好きで。ダメダメなんだけどなぜか憎めない。

人間らしくてなぜか安心させられる。じぶんもじぶんらしくいられる。

能力が高いことなんてどうでもよくて、

自分の本能に忠実にしか生きられないという意味で社会不適合な人間たち。

 

取るに足らないような感覚だけどいつも左右されている感覚が、

言葉になって他人から発信されててそれを見つけた時の喜びって、

ものすごく励みになるのです。

 

それが私にとっての、phaさんなのです。

 

phaさんの文章を読むたび、ドキュメンタリーを見るたび、

学生時代の宝石のような気持ちや感覚が蘇ってきて、

10年以上の社会人経験を持ってしてもなお馴染めないでいる私は、

やはり自分らしい生き方を模索すべきなのではないかと考え始めています。

 

同じく同じような悩みを抱え続けている兄弟にもphaさんの本を紹介したところ、

悩みすぎて辛い時に読んでものすごく励まされたそうです。

いい意味で、力が抜けて、頑張らなくてもいいんだと思えたそうです。

 

 

 

 

既に諸先輩がたがたくさんの事例を発信されていて、

アレンジしたら自分にフィットしそうなフレームは既にあるのです。

 

楽しそう。ワクワクする。いいなあ。

最近、人事異動も組織改革にも全く興味が持てなくて、

感情がなくなりつつあるのではないかと危惧している私が、

こんな感覚を持てるのは久しぶりの事です。

 

まずは自分に心地よい生き方を自分の言葉で定義できるといいな。

来年はちゃんと自分の人生に取り組もうと思います。

(ちなみに大厄なので引っ越しするのがいいそうです)

 


ザ・ノンフィクション 働きたくない京大卒のニート E73

 

 

引き続き信者として勉強させていただきながら、

私自身も自分らしい快適な生き方を常識にとらわれずに、

作り上げていけたらいいなと思います。

ホットヨガを1年間続けたら体質が変わりいいことだらけ。〜どんな風に通ったか〜

ホットヨガに通い始めたのが昨年11月。

今年の冬は暖冬ですが、明らかに冷え性も改善された実感があります。

 

気温差もあるので昨年と比べても信憑性がないと思いますが、

昨年と逆で、パートナーと比べて私の方が暑がりになったと言えば、

(彼が冷えが悪化したとは思えないので)まんざら間違いないような気がします。

 

※例えば私は今年、エアコン18度で十分に暖かい(暖かすぎる)と感じます。

 また、お布団に入ったら、熱くて靴下をすぐ脱いでしまうくらいの体調です。

 

いつもはく苦なると肩に力が入りこわばった表情でイライラしやすくなったり、

マイナス思考になります。お風呂上がりも脱衣所に出られなくて、

浴室でパジャマを着てから出ていたくらいです。

だいたい、年末は暗くなり、1月はうつ状態、2月は消え入りそうなくらいの存在感、

という感じで弱って行くのですが、今年はまだ元気です。

 

継続は力なり。

この体質改善を得た私がどのような感じでホットヨガに通ったのかを書きます。

これから始めるか迷っている人に参考になれば幸いです。

 

●回数・頻度

約1年間で計70回近く通いました。

平均するとおおよそ週に1回強(5日に1回)の頻度ということになります。

私は金曜夜〜週末は基本的に行かないことにしているので

(別のことに時間を使いたいため)、

平日4日のうち、1.5日、つまり2日に1回〜3日に1回ということで、

結構忙しいくらいの実感でした。暇な夜がなくなりました。

あと、洗濯の量も実際に増えたので、ドラム式の私は乾燥まで済ませられて楽ですが、

干す方は少し洗濯物の量が増えるかもしれません。そういう意味で忙しさもあります。

 

  ※金曜夜や週末こそ通いたいという方も多いと思います。

  そういう方は逆に平日忙しいと思うので、週末3日のうち、

  1.5回通うということなので結構忙しいぞという感覚だと思います。

 

毎日いく人や通い放題チケットで一日に2回以上レッスンを受けている人もいるけれど、フルタイムで働いている人で週1回は多い方かなと、周りを見ていると感じます。

空いた時間は極力行くようにしていたので、結構これでも頑張った方です。

 

もちろん、仕事の繁忙期や飲み会シーズンに加えて、

帰省や旅行、体調不良などで行けない週もありましたし、

夏は正直行く気にならず7〜8月は1、2回しかいっていないので、

本当にマイペースです。週に3回行った週もありますね。

そんな感じなので週1回は結構頑張ったという感じです。

  

●プラン・料金

私は通う頻度に波があるのでたくさん行きたい時に行けないのは

勿体無いかなと思って「通い放題」プランにしています。

月に1回で1万円は痛いのですが、別の月に8回行くこともあるので。

行きたいのに週1回しか行けないのは忙しい人にとって大きな痛手です。

それだけ心身の健康を大事に考え、ホットヨガが有効だと信じているから、

行きたい時に行けることを優先しています。それに通い放題だと、

単価を下げたいとかたくさん通って元を取りたいという節約魂も

いいモチベーションとなり通う頻度が増えるという良い効果もありました。

 

それで、週1回だと1レッスンあたり2000円とそれほど安くないかもしれません。

ただ入会キャンペーンを考慮すると1レッスンあたり1000円ほどで通えており、

その価値は十分にあるなと満足しています。

少しカラクリがあって、私は一年間の途中でスタジオを変えました。

それによって2回の入会キャンペーンの恩恵から、年間で3ヶ月分タダになりました。

 

●ヨガの種類 

いろんなヨガのクラスがあって、いろんな先生がいて、

曜日によっても時間によっても内容は色々です。

あまり飽きないような工夫が各スタジオでされています。

例えば骨盤矯正のクラス、例えばリラックスのクラス、

と、目的によって選ぶもよし、お気に入りの先生のクラスを選ぶもよし。

でも、私は「行ける時間」 にとにかく行くことを最優先にし通っていました。

なので少し苦手な先生だったり気分よりもハードなクラスに通ったこともあります。

通い続けるためには妥協も必要です。

大事なのは、「温かい環境でじぶんの体に向き合うこと」。

そう考えればたとえよく噛む先生でも(苦笑い)気になりません。

もし体調が思わしくないのにハードなクラスに行ったら、

まわりの目を気にせず、力を抜いたり休憩しながらヨガを行います。

決して無理しないように心がけます。それが最初は難しいのですが、

無理すると通うのが辛くなるので、負荷はかけすぎないことも継続のために大事です。

 

 

私はどこのヨガスタジオの回し者ではありませんが、

もしこの記事を読んで少しでも心惹かれることがあれば、

ぜひ一度体験して、数ヶ月だけでも通ってみてください。

 

ホットヨガについては、また機会があれば書きたいと思います。

年齢を重ねて初めてわかること(1)

最近気がついた現象がある。

頭が働きすぎないように脳の中に何かゴムボールのような異質なものがあって、考え過ぎようとしたり悩み過ぎかけたときに思考回路に押し寄せてくる。

 

そのため、私はムダに考えすぎることがなくなった。昔はできなかったけどぼんやりと時間の流れに身を任せることもできるようになってきた。

このゴムボールの実態はなんだろう。
同世代の友達に打ち明けてみたら、頭の中のゴムボールのような存在はみんな感じていた。

これが年を重ねるにつれて「細かいことは気にならなくなる」「鈍感になる」ってこと?
おばちゃんてデリカシーないって思ってたけど、自分がいざ過敏に反応したり考え過ぎなくなってみると目からうろこ。
生きるのがラクになるための自己防衛手段であり、大切な人を守るために必要な術なのだなぁと、素敵なことのように思えてきた。

色々起きるツライこと、自分ではどうにもできない社会の荒波にのまれないで、ちゃんと「自分の足で「 立ち続ける」ためには必要なこと。

特に同じように荒波に乗っている身近な誰かを支えるため、暗がりでも嵐の荒れ狂う大波の中で周りを照らし道しるべになる灯台のような存在。(よく文学で見かけるけれどその本当の意味がわかったような気がする)

自分が流されたり倒れてしまわないために。
人間の場合ストレスに負けない為に。

20代にたくさんの経験をして、いつの間にか頭の中で膨らんで重みを増していたゴムボール。

もっと年を重ねると覚えておかないといけないことまで忘れてしまうんだろう。
いずれにせよこのゴムボールと共にこれから年を重ねていくのだ。

これからもしかしたら俊敏性や強い意欲はなくなっていくのかもしれない。でもいい。健康で心豊かに生きて行けさえすればよいと今は本気で思っているから。

年を重ねるとはとはこういうことなのかな。

劣化とか堕落じゃない。そんな響きよりももっと地に足が着いて前向きで幸せに満ちている。
野心にあふれ希望に満ち行動的で向上人のあった大学生の頃の私には、想像もしなかった変化。

予想外の変化は楽しい。

先の長い人生を若さによる勢いだけでなく落ち着いて楽しめる自信。

頭の中のゴムボールが大いに有効に働いてると思う。

 

傷つき過ぎず考え過ぎず大らかに構える安定感ある女性になっていきたいものです。

 

女性の皆さん、会社を辞める前に、「ハウスワイフ2.0」は読んでおいた方が良い

「主婦になって、在宅で家事や子育てをしながら、

 空いた時間を有効活用して自分のビジネスを始めたい。」

 

こういうことを多くの女性が考えたことがあるのではないでしょうか。

私も何度もあります。

 

・毎日の通勤ラッシュから解放されたい

・上司や同僚のことで悩み続けるのはもううんざり

・出世したいわけじゃない、会社に目標がない

・お給料の割にストレスが多くて割に合わない気がする

・自分のやっている仕事に意義を見出せない

・好きなことを仕事にしている人のブログをみて羨ましくなる

・家事と子育てと仕事の両立、本当にきつい・・・

・保育園もベビーシッターも高いし肝心な時使えない

・専業主婦だった自分の母親のように料理や家事をしたい

・いつも笑顔で家族に接したい

・がむしゃらは卒業、これからは細く長く自分のペースで働きたい

・私にだってもっと意味のあることが何かできるはず

 

そういう甘〜いはかな〜い夢を見続けている私は、

2年くらい前に話題になったこちらの本を読みました。

何か、私の夢が実現するヒントがあるのでは???と少し期待しつつ。。

 

ハウスワイフ2.0

ハウスワイフ2.0

 

 

本ブログ記事の冒頭で書いたような生き方を実践している人たちへの取材と、

元ジャーナリストらしいリサーチと冷静な分析による考察が書かれています。

 

一番驚いたのは、産休育休制度がアメリカではほとんどないらしく、

日本よりも更に女性が働きづらい環境だということです。

その中で、日本でも流行っているような手作り品の売買アプリや、

農業回帰のブームが同じようにあって(日本より先に、かな)、

みんなが飛びつくわけです。ただし成功している人はほんの一握り。

 

ここでは「手作りで片手間にお小遣い稼ぎ」の事例をピックアップしたい。

この魅力的な言葉にどれだけの女性が夢を抱くだろうか。

しかし、そんなうまくことは進まないのが現実で、

この表現はあくまでアプリ制作会社の広告コピーでしかない。

多くの人が、手作り品をアプリに出店下が5年で1つも売れない・・

と嘆いているという。

プロやよっぽどの才能がある人はともかく、他人の作ったものに、

お金を出して買いたい人がどれだけいるだろうか、

という点を忘れてはいけないという。

 

また、もし仮に売れたとしても利益率は非常に低く、

1日13時間も編み物に追われてしまう、つまり、

自分で作った小さな工場で自分が搾取される構造を自ら作り出しているというわけ。

 

そして、ごく一部の成功した人たちは、その裏にあるからくり

(スポンサーが付いていることや夫が安定収入を得ていること、

 または手作りに勤しみすぎるあまり家の中は散らかり放題なことなど)

を隠しながら良い面だけをブログに書いて夢を売る。

商売として割り切っているから。そして美しい生活ほど出版されやすいから。

 

なるほど確かに、すでにマスメディアだけでなくブロガー(個人)も、

人に夢を見させてそれで食べているのだということにハッとした。

その点に注意しないと現実を誤って認識してしまい痛い目に遭いかねない。

 

この本の最後には現実的なアドバイスも書いているので、会社を辞めて、

ハウスワイフ2.0的生き方を送りたい方は先に読むことをオススメしたい。

 

 

ハウスワイフ2.0

ハウスワイフ2.0

 

 

「自分の居場所を探してもがいているのは自分だけじゃなかった、って知れてよかった」

とても幼稚で青くさい考え方をしていた20代の頃。

 

野球の応援に一喜一憂している人に対して、

他人の戦いに関心を持つ暇と労力があったら、

自分の人生もっと頑張れよって本気で思ってた。

 

自分の人生にも勝負どころはたくさんあって、

目の前に仕事に真剣に向き合うことが辛くて、しんどくて、

とても楽しかった。

本当にだいじな仕事をしていると心から信じていた。

 

TVドラマが面白いなって思うようになったのは、

仕事で一線を退いてから。

 

その前は、野球と同じでドラマについても冷めた見方をしていて、

私の人生はドラマよりもずっと面白いって本気で思ってた。

 

なんて幸せ者だったのだろう。

環境にも恵まれていたし、

何より私はバカみたいに幸せな思考回路の持ち主だった。

 

でも今はドラマが断然面白い。野球観戦も本当に興奮する。

今の私の心を動かしてくれるのは野球とドラマだけだ。

 

体調を壊して部署を移り、

無難に生きることしかできなくなってしまった私の毎日はつまらない。

 

ここにいたら本当にダメ人間になる。

日中、心が全く動かない。どんどん死んでいく。

安定とゆとりを与えてくれるから手放せない、けど本当につまらない。

やっぱりもっと自分の感情を大事にした方が良いかも・・・

だけど私に何ができる?何なら頑張れる?続けられる?

 

そんな自問自答をずっと続けて色々試しながらもがいている私の心に、

まさに自分を慰めるような言葉が響いた。

 

散々昔バカにしていたドラマのセリフだった。

「地味にすごい、校閲ガール」で幸人が森尾に言った言葉:

 

・・・本ブログのタイトル・・・

「自分の居場所を探してもがいているのは自分だけじゃなかった、って知れてよかった」(多少言葉違うかもしれませんがご了承下さい)

 

昔バカにしていたドラマの中に出ている人と同じことを考えて、

それに励まされて、私って本当に大衆的で凡人、、、本当嫌になるわ!
(しかもこのセリフは大学生のセリフ!)

 

一瞬すごく救われたんだけれど、

こんな毒を吐けるなら、まだ私も頑張れるかな。

 

ドラマも野球も、なんだってその裏にある努力や苦労が、

(働いて)わかるようになったから、昔のように馬鹿になんてもうしない。

自分だけが頑張ってるとかすごいみたいな考えももうない。

 

でも、もっと昔みたいに強気に、自分に根拠なき自信持って、

オリジナリティを追求できるような仕事がしたい。

 

「頑張らない、無理しない」が合言葉な世代だけれど、

自分の性格や何に幸せを感じるかから目を背け続けても、

全然幸せになれない。仕事の閑散期が1ヶ月も続くともうダメ。

 

ブログは人に見られるものだけど、匿名性があるからこそ、

じぶんの本音が書ける。

しかも日記にはない広がりの可能性もある。

 

書きながら、調べながら、語りながら、

マイペースに自分の仕事を見つけて行きたいなと思う。

秋の遊び。ちょっぴり知的な言葉遊び(宣伝会議賞に応募しました)

毎年恒例の宣伝会議賞に応募するために、

10月〜11月頭にかけては「コピーを考える」という、

非日常的な、シーズン限定の習慣がある。

 

それが頭の体操になるし、万が一入選でしたもんなら、

1位は賞金100万円。名前も広く業界に知れ渡るので、

個人の名前を使った活動ができるようになる。

 

そんな夢を思い描きながらも、実際には千本ノックはしません。

ただ、私だったらこんなコピーがいいなって思うのを純粋に楽しんで書く。

 

一切の必死さとビジネス感(絶対にコンペに勝って案件ゲットするぞ的な)は排除。

普段と全然違う業界の問題に取り組んで違う頭の使い方をしてみる。

知的ゲームとして取り組むことに脳のリフレッシュ、強化など、大きな意味があると感じています。

 

これを専門的にやっている人からしたら腹立たしい記事かもしれません。

でも、こうやって言葉を使って人の心を動かせないかと素人が試行錯誤しているのは、

ある種、幼稚であり、微笑ましいものだと思っていただけたら幸いです。

 

とにかく、こんなことをしながら過ごす秋はとても楽しかったです。

(途中面倒になった時期もありましたが)

無事に作品はいくつか提出しました。

結果はだいぶ先になりますが、楽しみにしたいとおもいます。

 

慌ただしくしているうちに冬が来ました。次はこの冬をどう楽しく過ごすかです。

hulu登録してバッチリインドア生活充実させる予定です。

その話もまたしたいと思います。

 

※正社員総合職として企業に勤めながら、オンライン英会話ほぼ毎日やって、ホットヨガに週に2回行ってます。それに加えて、言葉遊びをし、今度は映画鑑賞。さらに加えてキャリアを考えたり行動するということで本当に忙しいです。実家も遠いんですが月1回数日間帰って家の手伝いしたり・・・

ただ忙しいっていいことだと思ってないし、全部中途半端なのも嫌。

でもしばらくずっと沈んでいた気持ちが充実して上昇して来そうなので、

もう少し色々同時並行で走らせてみようと思います。どれも程よいところが見えて来たらいいなと思て一つ一つ楽しく真面目に取り組みたいと思います。

理想の働き方について

人には色々な性格や価値観があるけれど、

自分自身のことをちゃんと理解している人ってどのくらいいるのでしょう。

 

正直に言うと私「自分が本当に好きなものが何か」に鈍感なところがあります。

向き不向きってあるのはわかっているけど、引き際がわからない。

で、結局逃げるのも嫌だしやりたいことじゃなくても全部頑張ってやるって言う

スタンスに最終的にはいつも落ち着き、働き詰めてなんとかやってこれたのです。

 

だから手元には何も価値のあるものが残っていないと言う現状です。

自覚できないものがあるのと(比較がないとわからないとか)、

自分の価値の判断基準が不明瞭だから価値を感じないのとの両方が原因です。

 

(転職市場では引く手数多らしい)そこそこのキャリアを積んでいるが、

それが価値だとも思えなくて、、、

私は仕事を、キャリアをどう捉えたらいいんだろうか。

 

今どこにも定まらないような、どこ向かえばいいのかわからないような、

宙ぶらりんな状況に陥ってモヤモヤと生きている今日この頃です。

 

強みは?専門性は?これからやりたいことは?どんなビジネスモデル?

起業?個人事業主?なーんてどれもよくわからない。

 

○少人数(ひとり〜4人くらい迄)で何かに取り組むスタイルは好き

×無能でプライド高くて政治好きで汚い上司がいない職場がいい

裁量権が多い、ただし1人の責任にしないような女子的組織が好き。きゃぴ。

○基本業務は小さいオフィスで行う。家を職場にはしない!

 (本当は家のワークスペースで仕事するってのも素敵で憧れる。いつかは。。)

そんなに家賃が高くなくて住みやすい場所に住み、自転車通勤したいです。

○「誰かの困ってるを助けて笑顔に変えたい(特に高齢者・女性・若者)」

 

・・・ゆる〜〜く、考えていきましょう。

 

一応、起業とか副業とか、個人事業主とか共同経営とかいくつかの選択肢を、

割と真面目に勉強し始めていて、友人ともこれから会っていく予定です。

私の周りって本当にすごい人が多いし、うちの会社副業してもいいし、

環境に恵まれているんだなと久しぶりに会社のいいところが見えました。

 

記事自体はゆる〜くなりましたが、少しずつ、私は動き始めています。

大企業で腐りきって緩みきった思考を少しずつ正常化&時代にキャッチアップ、

していきたいと思います。

 

そのための努力は惜しみません。体調崩すほどにはやりませんが。