本日も、ご都合主義日和。

優等生タイプが社会で感じるしんどい気持ちを紛らわすブログです。

英語上達にはインプットとアウトプットの両輪が必要。

DMM英会話を始めて5ヶ月。

 

自分で言うのもなんだが以前の日本人の英語、ではなく英語らしい英語を話せるようになってきあ。先生からの評価も周囲からの評価も上々。

 

最初の頃は2ヶ月くらい、仕事から帰宅して家で寝る前などにパソコンの前に向かって気合い入れて受けてて、終わったら頭使いすぎてヘトヘトになっていた。けど、最近は隙間時間や歩きながらレッスンを受けても充分に会話が成り立つようになってきた。

 

最初はレベル6だったけど、そろそろ受けたらもう少し上がってるのではないか?そのうち受けてみることにしよう。最終的に10になりたい。

 

そして、インプットが欲しいと思ってamazonEnglishやPOTCASTやら英単語帳やらマテリアルを検討していたがどれもピンと来なかったのでスピーキング力だけに特化してやっていたのだが、、、ついに見つけたインプット教材が、TOEFL

 

今更感はあるが、やはりここは最高峰かつ世界で通用するテストでのスコアを目指しながら勉強することがゴールへの近道ではと思い。

 

教材のバランスや質もよいし。

 

TOEFL100点をゴールにして英語学習をしようかなと最近考え始めている。

 

それとオンライン英会話の相乗効果で2017年は英語をモノにしたと自信を持って言って終えたい。

 

少し強気だが、自分を追い込むことでやるのが一番私にあってる。

 

オンライン英会話は英語脳を形成するためにも続けたいが、TOEFLの勉強で英語スキルを満遍なくあげていくイメージ。

 

がんばる。