本日も、ご都合主義日和。

優等生タイプが社会で感じるしんどい気持ちを紛らわすブログです。

同棲所感①

30代になってから始める同棲について、あまりネットには記事がないのでこれから時々赤裸々に書いてみようと思います。女性目線での感じ方なので、女性に共感してもらえたり男性側に読んでもらい相手への理解を深める手がかりになれば幸いです。

 

まず、同棲する事への思い。始める前と後。

 

始める前

この年で結婚や出産をゆくゆくはしたいと思っている場合、結婚前に同棲するというのはよほどの事情がない限りは避けたいと思っていました。理由は、例えマンネリや喧嘩、すれ違いが生じても、結婚していたら乗り越えようとする気持ちが強くなるが、同棲の場合は別れるという選択肢が比較的軽く脳裏にちらついてしまうのではないかと考えたから。私もそうなるかもしれないけど、相手もそうなるかもしれないと思うと、うかうかしてられなくて不安が強まるのでは?と思っていました。また親にも説明しにくいし、とにかく悪いことの方ばかり考えていた気がします。それを彼に説得され話し合い同棲に踏みきったという流れでした。

 

住んでみて3ヶ月。思ったこと

確かに想像していた通り、私のような思考回路の持ち主では、不安になることが何度かありました。でも、同棲にもそれ以上にいいところがありました。

私と彼のことや同棲までの経緯はまたいつか書きたいと思いますが、一緒に住むことで更に仲良くなれたのが一番大きいかなと思います。仲良くなれたというのは、お互い相手への理解が深まり、相手の喜ぶことや嫌がることが分かるようになる、という意味です。

 

まだまだ不安定なふたりなのでこれからどうなるかはわからないなと冷めた気持ちでおりますが、結婚に向けて前向きに考えていてねと言われたので、ふたりの満足度の高い道をこれから少しずつ探っていけたらいいなと思っています。

 

今回はここまで。まだまだ色々あるのでまた。