本日も、ご都合主義日和。

優等生タイプの会社員が、世間の荒波に揉まれながらもハッピーにサバイバルするブログ。

秋は自分らしく過ごせる季節

社会の中で生きていると、自分の中にいろんなキャラクターが存在しているような錯覚を持ちやすいなと思う。

 

楽しいことが好きなわたし。

のんびりした性格のわたし。

素直で平和主義なわたし。

生真面目で神経質な私。

不安性で石橋を叩き過ぎる私。

周りが気になる私。

先んじて行動して後悔したくない私。

協調性があってことなかれな私。

 

などなど。。

 

特に後者の漢字「私」の5つは演じてるときも陥ってるときもとにかくストレスフル。

 

キャラクターは、イベントや仕事の状況、生理周期などによって割とコロコロ変わる。

 

けど、もう少し大きな動きで、季節によっても変わる気がする。

 

秋は私にとって自分らしくいることがしっくりくる季節だなと感じる。

 

秋の好きなところは、

 

窓を開けっぱなしにして外の自然な空気や音を感じられるところ

静かにひとりで過ごしてても寂しくないところ

夜ふかししても許される(?!)ところ

少ししっとりしたことを考えてもなんだか浮かないところ

 

などなど。

 

気のせいかな?

でもそんな気がするし、

そんな気にさせてくれるし、

こんな思考をめぐらしても受け入れてくれる

包容力が心地よい。

 

夏旅の終わり。
f:id:gotsugo:20180916224757j:image